ターニングポイント

エッセイ
10 /19 2008
おはようございます。

だいぶん、体調も復帰!

今日は、昔の思い出話を、、、つづってみます。

昔の、エッセイがでてきたので、
佳作受賞したときのもので、なつかしかったので、、
要約してみようと思いました。

全て書ききれないので、ポイントだけ。^^;

人生、身近なことで、
自分の生きがいに変わるのですよね。



昔、
ある会社で働いてたときのこと。

その会社の組織の特色は、まじめ(?)大人しい、無口な人が多く、
決して外交的ではない人が多かった部署でした。

私としては、別に、問題なく仕事ができてました。

技術職でしたから、自分の業務さえこなせれば、
人と接することが最小限で、OKだったからです。

それに、女性は、その部署では私1人だったので、
男性には、気がつかない細かい作業も1人でできて、
マイペースにこなせる業務が気に入っておりました。


だから、人と関わりたくない人は、技術部門に多いのかな~と、
はじめて気がついた部署でもありました。


私は、少し、寂しい気持ちもっていましたけどね。


ところが、

ある日のこと、問題が発生しました。


営業かねてたインストラクターさんが、
諸事情で急に退職することになったのです。


そして、
その新しいインストラクターが見つかるまで、技術の人に、
しばらく代行してもらいたいと言うことでした。

この大人しい人たちに、そんな業務がこなせるわけがない、、、
と、内心、私は思っていました。
みんな、頭脳は、すばらしいのに、もったいないな~と。

予測とおり、

さすがに、みんな聞かぬ振りのまま時がたっていきました。

そして、その数日後、驚いたことが、、、

私が、外出先から、帰ってきたとき、
部署の皆が中央の席に集まっていました。

彼らが、集まって話をするなんて考えられないこと!
彼らが、話をする機会を見たことがなかったからです。
電話応対もする人も、少なかったです。


まぁ、その異様な雰囲気の中、

彼らの視線は、私に向けらました。

え?

その中で、1人が私のほうに、ちかづいて、言いました。


「がんばって。」

当然、私は、わけわかりません。


「何を?」


実は、そのインストラクター、私に決まった!とのこと。。。

その瞬間、
腹が煮えくりかえるほど、、むかつきました。

いきなり何言うねん?

私が、居ないとこで、勝手に決めた彼らの判断に、むかついたと同時に、
びっくりですよ。

まさか!

私が??

って、その当時は、まだまだ女性が講師になるなんていう考えは、
なかったくらい、PC普及の最先端だったと思います。


それに、
彼らのほうが、私よりも技術は相当なほどレベルは高いのです。
私は、この中では、ワーストであると確信するくらい。
まだ、1年くらいしか働いてない、ひよっこです。

なのに、なんで?
なんで、私やねん?

「多数決で、きまったから」

この、一言で、ハンマーで殴られた気分に落ちました。

私の意見は聞かんのかぁぁぁあぁぁ((((`´!)))))


陰険!!!!

私やぁ~、憎みましたよ。
みーんんんんな!
会社も!
この世の敵やーって。


ま、ここから、私の人に対する葛藤と、やるだけやろう!という気持ちで、
新たな勉強がはじまるのですが、、

1年半、、、
ときどき、電車の中で、悲しみがこらえきれず、涙が、あふれてしまったり、
穴があれば、入りたい!
なんて思うことも幾度もあり、情緒不安定になったりの日々が続きました。

ん、、、
この件があったおかげで、
私の、自分自身のレベルを目のあたりにすることになるのですけどね。

いかに、自分が、まだまだ仕事をこなせる域に達していなかったか、
はっきり知ることができたのです。

もちろん、
その1年半は、とても切なく、悔しさが充満してました。

棒読みのインストラクターなんて、いりません。
服装が、インストラクターらしくない、(関係ないのに、こういった指摘する人もいました)
思い出したような説明の仕方では、この先期待できない。


最初は、やっぱしね、お客さんに、
なじられてました。^_^;

当たり前かなって思いつつ、悔しかったですよ。


自分に、、!


人を憎む気持ちっていうのが、
実は、自分のレベルの低さ、自分の未熟さ、仕事に対する思いが少なかった、、、
そんなことが、
徐々に、私の心から湧き出てきたのです。

今まで、私は、毎日、仕事をしているのではなく、
ただ、会社に通ってただけだったんだ!

って。


気がつきました。

そのあとは、

とことん、やったる!
っていう精神でした。^_^!


仕事に対する気持ちに、目が覚めまたのです。

働こう。


数年後、、、

当時、憎んだ彼らや、
会社に感謝する気持ちを持ちました。


とても、わかりやすかったです!
ここで教えていただいて、よかったです!



そんな感謝の気持ちが、お客さんの声から、
どんどん増えてきたんですからねぇ。


中には、直接、私に仕事の依頼を持ちかけてくる会社経営の人もいました。


ゼロからはじめた講師の仕事は、
初めての技術を覚える方の心もわかるようになっていました。


あとから聞いた話では、
その部署の上司は、
私には、できるという信頼もあったようですが、、、なんで、、ー_ー;

その、がむしゃらの悔しいとき、
私には、一切何も言わず、助けもなかったんですよね、、、
これが信頼なんか、、、<ちょっと疑問ですけど。>

ある意味、会社の賭けですよ、、<こわいっ!>

でも、

なにか、つまづいたとき、
相手のせいにする前に、自分のことをチェックしなきゃいけないと、
本気で、気がつきました。


人に喜んでもらえう仕事に就こう、
そして、私が、できる限りのこと、やってみよう!
あきらめてはいけない!


自分のレベルを確認する。

そんな簡単なことでも、
気がつかないことが多いように感じます。


成長しないまま、終えてしまわないためにも、

むかつくとこから、何かを発見して、
レベルアップにつながれば、楽しくなりますよね。


仕事以外でも、そういった気持ちは、
もちろん、生かせますね☆

悔しい気持ちも、
むかついたことも、
凹んだことも、
今となっては、ありがたいことです。

そんな気持ちになったときこそ、
ターニングポイントです!

成長するか?
そのまま愚痴ってるか?

自分次第ですね。


ランキング参加してます。
応援いつもありがとうございます。 


FC2ブログランキング
(スピリチュアル)




(アロマテラピー)


satomi

●エンジェルライトイニシエーション
●アバンダンティア・アバンダンス・レイ
●六合 神効
●ラベンダー・クアン・イン
●マリアアンドジーザス
●霊気3
●フラワーエッセンスレイキ(Pacific Flower 48)
●数秘術鑑定
●タロット鑑定
●セルフセラピーカード
●インナーチャイルドカード
●心理学メンタルヘルス
●1996年より手作りハーブの石鹸を作り始めました
●1999年 フランス・ブルゴーニュー滞在する。
●2002年ロサンゼルスで生活をはじめる。
似顔絵は、奈路道程さん作。