小学校のオープンハウス

アメリカ生活
03 /12 2010
こんにちは。

昨日は、息子の学校のオープンハウスでした。
学年、クラスごとに、自分たちのクラスを解放してくれる日です。

子供のクラスは、劇や、演奏を披露してもらいました。

劇は、
「大きなかぶ」

大きなかぶを、「うんとこしょ、どっこいしょ。」(かわい~!)

って順番に役を決めて、呼ばれて、ひっぱっていくミニ劇。笑

白人の子供さんも、日本語で話すのが、とても上手で、
すごいなぁって、感動しました。


P3100072-1.jpg


また、教室には、最近作った作品が並べられてて、
お雛様も作ってたみたいですね~

P3100064.jpg


でも、これ、夜の7時からのパフォーマンス。

おそらく、父系が見学できるように企画されていると思うのですが、
夜から集まるなんて、ちょっと?なところです。

・托シ狙convert_20100311150225

「かえるのうたが、聞こえてくるよ。。。。♪」

ピアニカで演奏してくれました。

いつのまにか楽器も弾けるようになってたのですね。。。

で、この日は、
オークションの日.

学校でオークションがあるんですよね。
各クラスが出した品物を販売したり、先生と一緒に何かをするとか、
各先生と食事、校長先生というのもありました~

中には、コンドミニアム(マンション)の売るオークションも?!
家を寄付するんやろうか??

テレビ関係、写真関係、飛行機、医療、FBI見学とかもあったなぁ。。
いろんな関係者が値段つけれないものまで出展するわけですね。
まぁ、規模が大きいなぁって驚きます。

すべて、みなさんたちの寄付でまかなう行事で、去年は何のこっちゃかわからなかったけど、
今年は、私も参加、寄付したものがあったけど、売れたかな~??

これはすべて学校の援助金。
このお金で、サブの先生への給料に当てはめたりします。
特殊な美術の先生呼んだり、音楽の先生呼んだり、
そして、我が学校はバイリンガル学校なので日本語サポートする先生や、
スペイン語サポートする先生たちの分も必要ですしね~

おかげさまで充実した学校になるわけですが、
本当に、すべての親、先生、市が、一体とならなきゃ、難しいなって、
改めて思いました。

最近は、予算カットだらけで、厳しいので、余計に
(なんで教育費がけづられるのかな~)
一人、一人の意識が大事だなと思います。
無理なく、できるだけ参加したいものです。


<ランキング参加しています。Thanks!>

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村



blogram投票ボタン




コメント

非公開コメント

satomi

●エンジェルライトイニシエーション
●アバンダンティア・アバンダンス・レイ
●六合 神効
●ラベンダー・クアン・イン
●マリアアンドジーザス
●霊気3
●フラワーエッセンスレイキ(Pacific Flower 48)
●数秘術鑑定
●タロット鑑定
●セルフセラピーカード
●インナーチャイルドカード
●心理学メンタルヘルス
●1996年より手作りハーブの石鹸を作り始めました
●1999年 フランス・ブルゴーニュー滞在する。
●2002年ロサンゼルスで生活をはじめる。
似顔絵は、奈路道程さん作。