「夜明けの街で」

読書
09 /28 2011
FC2では、
ひさしぶりの更新です・・

メインは、こちらで癒し系&ロサンゼルス生活などの日常をかいてます。

http://ameblo.jp/herbsoap

さて、今日は、こちら・・

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)

映画にもなるんですね~~


夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
(2010/07/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る



不倫とサスペンスがまじったもの・・

まったく不倫には興味なかったサラリーマンの男性が、
恋に落ちる・・・

ま、東野圭吾は、これだけがネタではないのが、
面白いです。

恋した女性が、容疑者だったら・・・
どないする~?ですよ・・

どきどきしながら最後まで一気に読める本です。

結局は、主人公の女性は、
相手の人を本気で好きで不倫したのかどうかは、
最後まで、わからなかったなぁ・・・・


ただ、どろどろ感はなく、
男性の立場にたったときの心情が、どきどき。
不倫って、しんどいんぁと思いながら読んでました。笑

まぁ、
最後は、なんともいえない切なさが残りました。

女性って、とことん・・
目的を達成できるものがあるんだなと妙に感心したり。
強いなって再認識しましたね。


未婚の男性は、読まないほうが良さそうです。笑

そういえば、深キョンが、
映画で主人公、不倫相手の女性役なんですね。

彼女は、
セカンドバージンというNHKのドラマでは、
不倫されてしまう妻側の役でしたけどねぇ。

立場が変わる役も、見てみたい。

ちなみに、セカンドバージンは、
17歳も歳の差のある女性との不倫恋愛。

鈴木京香が
17歳も上の愛人役なのに、応援してしまいたくなったドラマでした。

深キョンが、何も悪くない正当な奥様なのに、
うざく感じてしまった私。笑

そんなドラマも珍しいですね。
そこが不倫でも純愛をテーマにしてるところかな。

これも、映画化されるようです。

コメント

非公開コメント

satomi

●エンジェルライトイニシエーション
●アバンダンティア・アバンダンス・レイ
●六合 神効
●ラベンダー・クアン・イン
●マリアアンドジーザス
●霊気3
●フラワーエッセンスレイキ(Pacific Flower 48)
●数秘術鑑定
●タロット鑑定
●セルフセラピーカード
●インナーチャイルドカード
●心理学メンタルヘルス
●1996年より手作りハーブの石鹸を作り始めました
●1999年 フランス・ブルゴーニュー滞在する。
●2002年ロサンゼルスで生活をはじめる。
似顔絵は、奈路道程さん作。